移動中の飛行機や電車の中、または会議室やお気に入りのカフェなど、場所を問わず突然浮かんでくるアイデア。そんな時には思考を止めずに、思いついたアイデアをどんどん書きとめたいですよね。
今回、Windows デバイスで、まるで紙にアナログのペンで書きとめるかのような使い心地を実現する最新スマートスタイラスペン「Bamboo Ink」が登場しました。Windows 10 Anniversary Updateで追加された手書き機能「Windows Ink」の利用に最適で、ひらめいたアイデアをデバイス上にすばやく、正確に書きとめることができます。

デジタルで手書きを堪能

書きやすさを追求したBamboo Ink。ソフトタッチで握りやすいグリップの三角形ボディを採用したため、使い心地もバツグンです。またソフト、ミディアム、ハードの3種類のペン先を選べるので、好みの書き味にカスタマイズも可能。さらに筆圧感知機能によってアイデアを書きとめるすべてのストロークが正確に反映されます。

Bamboo Inkは同梱の単6電池を利用し、1日2時間程度の使用で最大約5カ月使用することができるので安心です。パッケージの中には単6電池1本の他、3種類のペン先が収納されたペン先キットが同梱されています。このケースには芯抜きの穴がついているので、ペン先の取り外しや交換も簡単です。

ボタンをカスタマイズ

Bamboo InkはWindows Inkの機能をペン上部のトップボタンに割り当てることができます。また、横にあるサイドボタンに消しゴムや右クリックなど、よく使う機能を割り当てることができます。自分で使いやすいようにカスタマイズしてみましょう。

1本で多くのペン入力デバイスに対応

Windows 10のペン対応デバイスに最適なBamboo Ink。多くのWindows 10タブレットやPCで活用でき、2本目のペンとしてもオススメです。Bamboo Inkはワコムのアクティブ静電結合方式(AES)とMicrosoft Penプロトコル(MPP)の2つのペン入力方式に対応しています。初期設定はAESモードになっているので、MPP対応デバイスを使用する場合は、ペン側面の2つのボタンを同時に長押しすることで簡単にMPPモードに切り替えることができます。

アイデアを止めない簡単操作

Bamboo InkはWindows 10デバイスとBluetoothでペアリングすることで、便利な機能をフルに利用できます。例えばトップボタンを押して、Windows Inkワークスペースの付箋・スケッチパッド・画面スケッチを簡単起動。シングルクリック、ダブルクリック、長押し、とボタンの押し方でお好みのアプリを立ち上げることができ、いつでもすばやくメモやスケッチを書き始めることができます。

思いついたアイデアは同僚や友人とすぐに共有することができます。あなたもWindows Ink対応デバイスにアイデアを書きとめてみませんか?

Windows 10の手書き機能Windows Inkの魅力を最大限に引き出すBamboo Inkは、ワコムストアにて8,980円(税抜)でお買い求めいただけます。

 

Bamboo Inkの詳細をみる

ワコムストア