もし、たった2時間で世界に変化をもたらせるとしたら?オフィスにいながらにして世界の教育問題や環境問題を解決する方法を見つけられるとしたら?不可能に思えるこの挑戦に日々意欲を燃やして活動しているのが、社会起業家のダニエル・ハイヤーズさんです。

 

コラボレーションをフル活用

社会や文化に変化をもたらすことに着目する社会起業家の活動。テクノロジーの進歩に伴い誰もが気軽に参加・協力できるようになり、近年その活動はいっそうの盛り上がりを見せています。しかし、ネットワークを広げやすくなったといっても、わずかな人数で、それもほんの数時間で実質的な変化をもたらすには、まだまだ高いハードルがあります。

ダニエル・ハイヤーズさんがまず取り組んだのが、アイデアを共有し、それを対話によりカタチ作ることができる環境作りです。2011年夏、パリで創設されたMakeSenseのベルリン支部立ち上げに参画しました。コミュニケーション、デザインなどのスキルを持つ社会起業家が集結するMakeSenseでは、世界各地の社会起業家が抱える問題を解決しています。現在世界100拠点以上あるオフィスでは、「ホールドアップ」と呼ばれるワークショップが開催されます。毎回、2時間のセッションで、ヘルスケア、教育、環境、食糧などの社会貢献プロジェクトで直面している問題を解決するためにアイデアを出し合います。ワークショップで生み出されたアイデアは公開され、共有知識として役立てられます。

ダニエルさんのリーダーシップのもと、積極的な活動を続けるMakeSenseベルリン支部では、ワークショップ、基調講演、他の社会起業家たちへのインタビューなどを盛り込んだ対話型イベント「センスキャンプ」も開始。今では、世界各地の拠点でも開催されるようになりました。

これまでにMake Senseが取り組んだプロジェクトは、ベイルートで堆肥化プロジェクトを実現するための資金調達支援や、スマホで健康管理を目指すフランスのモバイルヘルスケア提供など多岐に渡ります。

digital tools to help social entrepreneurs

ポストイットに書いたメモをアイデア化

ダニエルさんは最近、「Ecosia」のための「ホールドアップ」を主催しました。Ecosiaはその広告収入を植林の資金に充てている検索エンジンです。ユーザーはオンライン検索をするたびに、世界の森林再生活動に貢献できます。このワークショップでEcosiaのクラウディア・エグホルムさんが求めたのは、公式ツイッターのフォロワーを現在の11,000人から100万人に増やすためのアイデアでした。それも、1カ月以内に。

ダニエルさんはまず、ワークショップに集まったメンバーに、この課題に関連して思い浮かんだ言葉を付箋に書き出すように指示しました。そして付箋を壁に貼りつけたところを撮影し、無料のノートアプリBamboo Paperで保存。保存したデータはクラウドサービスInkspaceにも同期することができます。クラウドやEメールでアイデアをすぐに共有できるため、その場にいる人たちだけでなく、例えばメキシコシティにいるメンバーともコラボレーションが可能になります。Bamboo PaperとInkspaceをワークショップで活用することで、参加者はタブレットやスマートフォン上にメモやスケッチを描きとめ、アイデアを保存し、世界中の仲間とデジタル形式で共有することができるのです。

Bamboo Paper collaboration

アイデアを行動に移す

ダニエルさんは、MakeSenseが社会貢献への情熱とテクノロジーを融合して、「ものすごく効率的に解決策を見つけてくれるツール」として機能することに心が躍ると言います。世界が抱える問題はあまりにも多く、すべての問題を解決するためには、いくら時間があっても足りないからです。しかし、ダニエルさんは、世の中にはいいこともたくさんあると考えています。ダニエルさんはもともと韓国のソウル生まれ。生後まもなく身寄りがなくなった彼は、今の両親に養子に迎えられてドイツで育ちました。不幸な境遇だった彼に新たなチャンスが与えられたのです。だからこそ、自分にできることなら何でも恩返しをしたいと考えています。「肝心なのはアイデアを行動に移すこと」という彼は、ブレインストーミングで最初の一歩となるアイデアが生まれたら、そのアイデアを具体的な結果につなげるために奔走します。世界各地を訪れて人々に訴えかけることで共感と行動の輪を広げ、さらに多くの人々を巻き込んで変化を起こそうとしています。そのフットワークの軽さを支えるのが、ワコムのInkspaceのようなクラウドテクノロジーです。Inkspace を使えば、Bamboo Paperで作成したメモやスケッチを、ソーシャルメディアでシェアしたり、DropboxやEvernoteで保存したりすることも簡単です。

世界の課題を解決するには、一歩一歩の着実な積み重ねが必要です。しかし、ダニエル・ハイヤーズさんをはじめ、各地のコミュニティで先頭に立つ社会起業家たちが活動を続ける限り、よりよい社会が築かれていくでしょう。

あなたの頭の中にあるアイデアをカタチにしてみませんか?iPad、Windowsタブレット、そしてAndroidのスマートフォンやタブレットで利用できるBamboo Paperを今すぐダウンロード。さらに、そのアイデアをクラウドサービスInkspaceに保存して、共有することもできます。

Bamboo Spark smart notebook social entrepreneur

 

Learn More Bamboo Paper

Learn More Inkspace