東京・半蔵門にある中堅文具メーカー「ペンルーボ」で、高級ボールペンの販売を担当している営業3課。

その3課を率いる中川晃一課長(47歳)は、いわゆる「仕事のデキる男」だ。これまでも大手文具販売店との商談を成立させたり、部下のモチベーションをアップさせたりと、実際の行動で多くの同僚や部下からの信頼を集めてきた。

そんな中川課長に“憧れ”に近い気持ちを抱いている部下の1人に田中(25歳)がいる。ある日の昼休み、田中はオフィスにいる中川課長に相談を持ちかけた。

「あの課長、ちょっとお話があるんですけど……」

中川課長のデスクに近づき、そっと声をかける。

「おぉ田中くんか、どうした?」

田中は悩みを周囲に聞かれるのが恥ずかしいのか、声のトーンは抑えめだ。

「あの…僕はいつも複数の仕事に追われて頭の中がこんがらがってしまっています。でも、中川課長は僕よりもたくさんの仕事を抱えているのにそうは見えません。どうしたら中川課長のようにスマートに仕事ができるようになりますか?」

突然の相談に驚いた中川課長だが、すぐに冷静さを取り戻してアドバイスをはじめた。

「田中くんがそんな悩みを抱えているとは気づかずに悪かったね! そんなときこそ、ほら、コレを使うのがおすすめだよ」

そう言いながら足元のビジネスバッグから取り出したのは、Bambooスマートパッドだ。田中は先日、中川課長に勧められて購入した経緯がある。

「あぁ、Bambooスマートパッドですね。僕も買ってから、パソコンを意識的に使わない時間をつくって、手書きの時間を増やしましたよ。でも、このデバイスがスマートに仕事ができるようになることと何か関係があるんですか?」

不思議そうに尋ねる田中に対して、中川課長は自信に満ちた余裕の笑みで返す。

「それが大アリなんだよ。僕はね、これを使って毎日、1日の仕事の振り返りを手書きでまとめているんだ。アナログ派の僕にとっては“ブログの代わり”のようなものだね」

田中に「ほら、こんな感じだよ」と実物を見せる中川課長。

「でも中川課長、お言葉ですが、僕も1日の仕事の振り返りであれば、毎日課長にワードに書いた日報で提出していますよ。それと同じことじゃないですか?」

中川課長は「その返しを待っていた」とばかりに目を光らせて反論する。

「きっとそう言うと思ったよ。でもね、全く違うんだ。ワードやブログに書くのと違って、Bambooスマートパッドに手書きでまとめると簡単に絵や図解を入れられるだろう?」

確かに中川課長の「1日の仕事の振り返り」はテキストだけの日報やブログと違って、独自の図解が入っているところが大きな特徴だ。

「この絵や図解が頭を整理するためのポイントなんだ。ちなみに、田中くんは“グラフィックレコーディング”というものを知っているかな?」

グラフィックレコーディングとは、会議や打ち合わせの内容などをテキストだけでなく絵や図解を効果的に活用して記録する方法のこと。最近はビジネスの現場でも、コミュニケーションや事業創発の中で活用されはじめている。

「田中くんが毎日出している日報はテキストのみで書かれているよね。それが悪いというつもりはないけど、人はグラフィックで可視化されると全体像を一目で理解しやすくなると言われているんだ」(※1)

田中はそれを聞いてから改めて中川課長が書いたものを見てみると、確かに情報が頭の中にスッと入ってくることに気がついた。

「ワードやブログに絵や図解を入れるよりも、手書きのBambooスマートパッドのほうが簡単だろう? なんせペンで思った通りに描けばいいだけだからね」

田中は中川課長の話に納得したが、1つの懸念点が思い浮かんだ。

「でも課長…僕は絵が超下手なんです。だから、ちょっと難しい気が……」

「あのね田中くん、グラフィックレコーディングに絵の上手、下手は関係ないんだ。その道のプロも“絵の上手下手は気にすることはない。大切なのは必要な情報を入れること”と言っているよ。そもそも、これは自分のための図解であって、人に見せるための図解ではないからね」(※1)

ひと安心した田中は早速、頭の中で「今日の仕事の振り返り」にはどういう図解が適切かを考えはじめる。

「それにBambooスマートパッドであれば、この前教えた通り、ボタン1つで書いた内容をデータにして残すことができるんだ。そのデータは“タグ付け機能”や“テキスト検索機能” によって簡単に後日振り返ることができるんだよ」

「つまりね、僕はBambooスマートパッドを使ってグラフィックで情報を理解しやすくして、さらに後日読み返すことができるようにしているんだ。だから、頭の中が整理されていて、田中くんから見ると“スマート”に仕事ができているんだと思うよ」

――それから数日後。

田中は中川課長の方法を真似し、「1日の仕事の振り返り」をBambooスマートパッドに手書きで絵と図解入りで記録することをはじめた。以前と比べて表情がスッキリしているように見えるのは、気のせいではないだろう。

さらに聞くところによると、田中は自分より年下の新入社員に対して、「Bambooスマートパッドというものがあってね、これを使うとね…」と、自分で見つけたツールのような素振りですすめているらしい。

<参考資料>

※1
議論を可視化する「グラフィックレコーディング」にチャレンジしよう!【第1回 入門編】

<今回のBambooスマートパッドの利用ポイント>

Aの仕事は明日までに企画書をあげて、Bの仕事の会議は今日の夕方からで……。複数の仕事を同時進行していると、どうしても頭の中が混乱してしまうものです。

でも、そのような状況でも、「いつもテンパっている」田中くんのような人と、「スマートに仕事をしている」中川課長のような人がいますよね。

この人達は一体何が違うのでしょうか?

要因の1つは、「情報の整理の仕方」です。

頭の中が混乱してしまうのは、情報をうまく整理できていないからです。たとえ「自分はちゃんと情報をまとめている」と思っていても、それがただの「記録」で、頭の中に落とし込まれて「整理」されていなければ全く意味がありません。

書き残しているのに覚えられない――。そんな悩みがある方はぜひBambooスマートパッドを試してみてください。

Bambooスマートパッドは手書きツールなので、絵や図解を簡単に入れることができるので、頭の中を整理しやすくなります。さらにボタン1つでデータ化も可能で、検索もできてしまうんです。

「あの人はスマートに仕事をしているな」、あなたがそう感じる人は、もしかしたら既にBambooスマートパッドを使っているのかも!?

 

<バックナンバー>

<中川課長(47歳)の利用術 その1>Bambooスマートパッドによる簡単グラフ作成で見事に商談成立!

<中川課長(47歳)の利用術 その2>Bambooスマートパッドを使用した「手書き」コミュニケーションで営業3課のモチベーションアップに成功!

<中川課長(47歳)の利用術 その3> Bambooスマートパッドを使った「LINEスタンプ」に代わる手書きイラストで、若手社員との心の距離を縮める!

<中川課長(47歳)の利用術 その4> Bambooスマートパッドを使うと“集中力”と“記憶力”がアップする!?

●構成・文 廣田喜昭(代官山ブックス)